Return to site

【KLANで重賞勝ち馬予想】セントウルS

出走予定馬

なんというか、小粒。わくわくしない面々。そんな印象でしょうか。この中で一番実績があるのはダンスディレクターかメラグラーナってところになるかな。ダンスディレクターは休み明け。メラグラーナはどうせ今回も無駄に人気するだろうから、どうせなら1枠1番引いて、揉まれに揉まれて惨敗からの、スプリンターズSで外枠引いて復活、というのを期待したいですね。

傾向

8枠の複勝率が高い。逃げ馬が3勝もしてる。前走重賞組しか来てなさそう。とりあえずスプリントよりの産駒を出している種牡馬の産駒が素直に好走。そんな印象ですね。ラップ傾向もだいたい毎年同じで、普通のスプリント戦って感じです。

8枠は有利なのか?

アンシェルブルーの激走があったとはいえ、特に有利という感じではないですね。他で馬券になったのは、いずれも1番人気・2番人気の上位人気馬のみ。たまたま8枠に強い馬が入っていたから好走率が上がっている。偏っただけです。つまり、別に8枠だから良い、ということはありません。基本的には枠順にはこだわらなくてよさそうです。

逃げ馬有利なの?

アクティブミノルが大穴一発。それも含めて、逃げ切った3頭の上がり3Fタイムを見ると33秒7~34秒5。ハナ切っても最後まで脚が使える馬。そういう実績がある馬なら、勝負にはなりそう、といった感じでしょうか。ただ、昨年のビッグアーサーに関しては2着がネロ、3着がラヴァーズポイントなので、相手が弱すぎたぶんあまり参考にならない気はします。とはいえ、逃げた馬が3勝しているのは事実なので、逃げ馬は一応おさえておいたほうがいいでしょう。1着か着外という感じなので、おさえるという表現が妥当なのかはわかりませんけど(笑)

前走重賞組以外は手を出しにくい

基本的に条件戦とかOP特別上がりの馬は来ないですね。アンシェルブルーの3着1回だけ。前走重賞以外を使っている組からの連対はありません。強い馬は夏の間を休養に充てて秋から始動するというのが通常で、セントウルSは、そういった、レベルの高い馬たちが出走してくるレース。それを考えると、相手のレベルが低い夏競馬でちょっと好走したくらいの馬では力が足りないということでしょうね。

 

また、前走傾向に関してはもう一つ明確な傾向があるのですが、それをKLANで調べてデータを出すには時間がかかりすぎるので、割愛。時間があれば、普通に検討した内容も公開します。

結論

諸々考えると、

  • フィドゥーシア
  • ダンスディレクター

勝ち馬候補はこの2頭にまで絞り込めます。普通に考えたらフィドゥーシアなんでしょうけど、格で考えると明らかにダンスディレクター。オッズ的にもこちらですかね。あと、メラグラーナの前走は「内枠+得意とは言えない道悪」と度外視できる状況だったので、その状況が今回好転するようなら頭まで狙えると思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly