Return to site

【KLANで重賞勝ち馬予想】新潟2歳S

出走予定馬

知らない馬ばっかだなと思ったけど、基本的に2歳新馬戦とかは買わないので当然ですね。なので、パッと見の雑感も特にないです(笑)ディープインパクト産駒が居ない新潟外回りのマイル戦なんてカオス過ぎるという位ですかね。血統を見てると、2歳戦の早い時期に強い種牡馬が多いイメージの強い種牡馬の仔ばかりなので、今年の新潟2歳S組からは、将来活躍するような馬はいないのかなという印象です。

レース傾向

そんなに枠順的な有利不利は無さそう。ただ、3枠5枠6枠が良くないのは、恐らく揉まれやすくスムーズな競馬が出来にくいからではないかと。経験の浅い馬達だしね。すぐヤル気無くしちゃうよね。

脚質的には逃げはダメ。先行も良くない。後半ズドンって感じで差し馬と追込み馬が超優勢。穴馬も差しと追込みに偏っていますね。

血統的には、他の年齢と変わらず、とりあえずディープ。でも今年はディープ産駒の出走無し。さて、どうしたものか。

直近5年の結果

とにかく速い上がり使えないとどうにもならないですね。ディープインパクト産駒がこのレースに強いのは当然として、とにかく速い上がりさえ使えれば、血統問わず好走出来ます。

脚質傾向

この傾向を見ると、人気の追い込み馬は普通に来てるんだろうなということ。そして、差し馬は人気薄い方がいいのかなということ。

前走上りチェック

大体の馬が前走で勝利しているので、上り順位3位以内の馬が多いのは、まぁ当然と言えるでしょう。これをパッと見た時点でこいつは要らないなと思うのはエングローサー。3戦連続で左回りで直線の長いコースを使って、最速上りが34秒5。これはちょっと足りない。少なくとも勝つのは無理でしょう。

 

続いて、中京組で前に行った馬。当時の中京芝は逃げ・先行有利な状況だったので、それを考えるとほぼ全馬物足りない。今回控えて新味を出す馬もいるかもしれませんが、それは馬柱からはわかりません。全切りの方向で。

 

先行して33秒台の上がり使ってるテンクウがちょっと気になるところではあるんですけど、これはちょっと保留しましょう。多分この馬は控えても競馬出来ると思うので。

戸崎騎手は何を選ぶのか?

人気馬を飛ばすことに定評のある戸崎騎手ですが、基本的に、本当に勝てるレベルの馬はそんなに飛ばしません。どうやっても勝つでしょっていう馬だと普通に来ます。で、今回の出走馬の中で、戸崎騎手が騎乗して勝利しているのは5頭います。当然、その中で脈の無い馬は選ばないでしょうから、戸崎騎手が何を選ぶのかというのは注目です。

  • エングローサー
  • オーデットエール
  • グランデウィーク
  • ムスコローソ
  • ラインギャラント

常識的に考えるとムスコローソかオーデットエールのどっちかでしょうね。レースを振り返った感じだとムスコローソのほうが強そうに見えるし、ノーザンファーム産なので、まぁこっち選ぶんですかね。

 

と、思って、ちょっと調べてみたのですが、戸崎騎手はどれにも乗らないようです(笑)キーンランドCでモンドキャンノに乗るみたいです。まぁ、期待してる馬はいないってことですね・・・(笑)

※追記・・・選ばなかったというか、週末WASJがあるからそりゃこっちには乗らないですね。すっかり忘れてました。

直線スピード重視

大事なのはとにかく最大速度が速い事。直線で600m以上、全速で走ることが出来る新潟の外回りコースは、コーナリングの上手さや一瞬のキレよりも、とにかく3Fを速く走れれば間に合っちゃいます。なので、福島や函館、その他、直線の短い競馬場での上がり3Fは全然意味が無いと言っても大げさではないです。

その観点から選ぶと、先ほども名前を上げたオーデットエールかムスコローソ、他ではプレトリアあたりになりますね。そして、これだけレベルが低いと、今までの傾向には当てはまらないような馬でもこれちゃうかも?という懸念は生まれるので、一応テンクウも残しておきましょう。

 

あとは枠順が出て、最終追切の状態を確認して、前日の馬場状態なんかを考慮して、決めればいいんじゃないでしょうか。

 

最近の競馬は、直前になるまで軸を決めにくいというシチュエーションが多いので、事前予想はやりにくいですけど、なんとか名前を挙げた馬が馬券に絡んでくれると嬉しいですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly