Return to site

とりあえずディープ/小倉記念

小倉記念出走予定馬

少ないですね。まぁ暑いですしね。馬もそりゃ疲れるから、それなりの馬は休んでるんでしょう。して、クランモンタナは障害専念するのかと思ったら、ここ使うんですね。なんか、関係者の方々も発想が案外シンプルなのかな?という印象を受けますね。「去年勝ったし、きっとイケるんじゃね?」的な感じでしょうか。

 

前走OP以上で掲示板に乗っているのはケイティープライドとフェルメッツァだけというなかなかカオスなメンバー。しかも、絶対無理だろうというのはサンマルティン、シャドウパーティー、フェイマスエンド、クランモンタナくらいで、あとは横一線っぽい感じ。イメージ的にはカフジプリンスもちょっと無理っぽいかな。ま、ひとまず傾向を見ていきましょう。

小倉記念の傾向

パッと見て目立つのは「逃げ馬壊滅」という点と「ディープやたら来るよね」というあたりでしょうか。去年は結構な荒れ方してますけど、それ以外の年は案外順当な結果という感じですかね。過去五年を見ても大体10倍台以下の馬での決着が多くなっています。クランモンタナだけ飛びぬけて人気無いですけど、所詮はディープ。ディープだから、で片づけて大丈夫です。

上り最速じゃなかったディープに妙味アリ

で、じゃあどういうディープが良いかというと、意外な事に、前走上り1位とか2位とかを出していないディープ。前走で上り最速、次位を繰り出しているディープは頭までは来ていません。一応連対まではあるので、消すところまではいかないですけど、人気になりやすいことを考えるとそれほど妙味もありません。

キレるディープで馬券になっているトーセンラーとマーティンボロの2頭は前走で重賞連対。ただマーティンボロが勝ったレースで4着に来ているニューダイナスティも連対している。ちょっと共通項は見つけにくいですね。ただ、いずれにしてもこのタイプのディープは勝ち馬と1馬身以上の差をつけられているように、上りの脚に自信がある分、差し遅れるから頭は無いと考えるといいかもしれません。ほとんど掲示板確保しているので流れ一つかなという気はしますけどね。

前走上り順位の低いディープ達

前走上り順位が下位のディープ産駒はこんな感じ。パッと見て、このタイプで最上位に来るのは決まって母父トニービンってところですかね。あとは軒並み前走も馬券に絡んでいない。また、クランモンタナ以外は3角4番手以内と、ある程度前向きさのあるタイプ。使ってるレースに特徴はありませんが、馬券になっているのは前走が重賞。そんなところでしょうか。

 

今年このパターンに該当するのは、

  • クランモンタナ
  • フェルメッツァ

この二頭。クランモンタナは今回3回目の小倉記念。去年1着、一昨年4着と好走続きなので、間違いなく適性は高いのでしょう。でも今年は単純に性能がより高いと考えられるフェルメッツァがいるので常識的に考えればこっちを上に取りたいところ。

とりあえずディープ

過去5年の小倉記念を振り返ってもとりあえずディープ買っておけば良さそうなので、そんな感じの攻め方がいいのではないでしょうか?

今回はディープ3頭しか出てないから全部買っても無問題。まともなディープがいて、そこにハービンジャーもいると、大体ディープとハービンジャー買っとけば当たることが多いので(完全にイメージです)、「ディープとハービンジャーの3連単5頭BOXなら大体当たる~」作戦もアリかと思いますよ。

 

んで、前走重賞以外の馬が馬券に絡むことはほぼないんで、サンマルティンは要らないと考えると、それほど難しくない気がしてきました。今のところの本命はディープ×トニービンのフェルメッツァ。ケイティープライドも条件は合いそう。夏の小倉でも馬券になってるのでエアレーション馬場も問題なさそうですしね。あとは枠順出てからといったところです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly