Return to site

逃げ馬大不振ということは…?/クイーンステークス

今年は穏やかな予感

逃げ馬大不振のクイーンS

クイーンSでの逃げ馬成績はとても悲惨。札幌の開幕週という事で内目の逃げ馬とか狙いたくなるんですけど狙ってはいけません。負けます。

先行馬は普通に来てますが、あまり穴っぽいところは来ていない印象。ただ、勝率、連対率、複勝率のいずれにおいても他の脚質とは段違いで、軸を選ぶならこの組からというところでしょうかね。

穴は追込

穴を開けてる追込み勢。勝ったのは15年のメイショウスザンナだけ。あとは2着が多いですね。で、やっぱり穴馬多いですね。アロマティコも単勝オッズこそ9.0倍でしたが、人気の上では6番人気と伏兵or穴馬的な存在でした。上位人気だったのはスマントレイアーくらいのもの。追込みの穴馬には注意したほうが良さそう。

血統からはミスプロ系に注目

ファルブラヴがアツイ!と思ったけどアイムユアーズが連覇してるぶんとスピードリッパーのぶん。アツイのはアツイですけど今年の出走馬にファルブラヴ産駒はいません。

クイーンS出走予定馬

人気の薄そうなところだとエテルナミノル、トーセンビクトリー、ノットフォーマルあたりのミスプロ組は先行力もあるので穴に一考といったところでしょうか。

今年は堅そう

ここまで穴馬探しを前提に検討してきましたが、ちゃぶ台を返します。アエロリット、アドマイヤリード、クロコスミア、マキシマムドパリと近走好調な重賞級の馬がいるので、今年は、ちょっとした適性で穴馬が人気馬との能力差を逆転するのは難しそうな気がしてます。
アエロリットは鞍上が不安点ですけど流石に桜花賞のときみたいなクソ騎乗は無いと思うので複勝圏内外すことは無さそう。アドマイヤリードもよほど状態悪く無ければ来るでしょう。
クロコスミアは目標にされて終了パターンありそうですが、そうなると捲れるマキシマムドパリが台頭。割と穴馬の付け入る隙がありません。
1着の可能性が1番高いのはアエロリット。次いでアドマイヤリード、以下マキシマムドパリ、クロコスミアってところでしょうか。いずれにしても穴馬が来ても3着までだと思います。
逃げ馬が不振のレースって、要するに展開利の少ないレース=強い馬が普通に来ちゃうレースだと思うので、素直に強い順に買っておけば良いと思います。

テキストを追加する

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly